Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合ログ管理ソリューションの米LogLogicが日本市場に本格参入

統合ログ管理ソリューションを提供する米LogLogicは、日本法人「LogLogic Japan」を設立した。

内部統制やコンプライアンス、PCI DSS対策といった需要増加を見込み日本市場へ参入するもので、日本語環境での動作検証技術サポートを行うラボ「LogLogic Japan Support Laboratory」を都内に開設。今後発表する製品では、積極的に日本語へ対応していく。

また今回の日本法人設立に合わせ、新製品「LogLogic 4.2i」を発売した。同製品は、異なる形式のログを統合管理、分析できる統合ログ管理ソリューション。検索アルゴリズムの改善により、検索機能の応答時間を最大25%高速化したほか、レポート機能やユーザーインタフェースを強化した。

ハイエンド向けアプライアンス「STシリーズ」、およびエントリークラス向けアプライアンス「LXシリーズ」による運用が可能。従来バージョンのユーザーで保守契約を更新しているユーザーは無償でアップグレードすることができる。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも