Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が小売店の調査データ含むUSBメモリを紛失 - 神奈川県

神奈川県の職員が、大型小売店統計調査に関するデータを保存したUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明となっているメモリには、県の大型小売店調査のバックアップデータが保存されていた。同調査は、県が独自に実施しており、業態別に商品別売上、従業員数、売場面積のを毎月取りまとめ、公表しているもの。

県によれば紛失したバックアップデータは、617店舗分のデータベースなど一部はパスワードが設定されているものの、百貨店一覧や百貨店協会から提供を受けた加盟店売上高月報、大型スーパー4社の店舗情報といったファイルには、パスワードが設定されていないという。

職員が7月9日に出勤した際、自席の引き出しに保管していたメモリが見あたらないことに気が付いた。同県では、関連する各店舗に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市