Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先担当者の一覧表をメールで誤送信 - パナソニックシステムソリューションズ

松下電器産業は、説明会の案内状を取引先2社にメール送信した際、誤って担当者226人の個人情報を含む取引先一覧表を添付するミスがあったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、社内カンパニーであるパナソニックシステムソリューションズが6月16日に送信した環境関連の取組説明会の案内状。製品を購入した2社にメールで送った際、社内資料である取引先一覧表を誤って添付したまま送信した。一覧表には取引先の営業担当者226人分の氏名、会社名、メールアドレスが含まれていたという。

同社では判明後、誤送信先の2社を訪問して一覧表の削除を確認した。また記載されていた取引先に対してメールや説明会で事故の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存