Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレスの入力ミスで耐震診断の関連資料を誤送信 - 小諸市

長野県小諸市は、292人分の個人情報が含まれる行政資料を、関係ない第三者へ誤って送信したことを明らかにした。

誤送信により流出した資料は、「平成20年度木造住宅耐震診断事業業務台帳」と「平成20年度精密耐震診断実施集計表」。業務台帳には242人の氏名、住所、電話番号、一方集計表には診断申込者氏名のほか、診断対象である建物に関する情報や所有者の氏名、住所、電話番号など50件が含まれる。

同市によれば、6月26日と30日の2回にわたり、メールアドレスの入力ミスによる誤送信が発生。ファイルを添付したが暗号化していなかった。同市では誤送信先を特定し、削除を依頼するという。また関係者に説明や謝罪を行い、不正利用への注意を呼びかける。

(Security NEXT - 2008/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大