Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEのフレーム処理に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも

Internet Explorerのフレーム処理に脆弱性が見つかった。すでに実証コードが公開されており、ゼロデイ攻撃を受けるおそれがある。

本来「IFRAME」タグにより表示されたページから、フレームを呼び出した親ページに対するデータ操作については、制限が加えられているが、JVNによれば、脆弱性が存在するために「ActiveScript」を利用することで親ページに対するキーストロークなどの盗聴が可能となるという。

さらにIE 6においても、フレーム処理においてもクロスドメインの脆弱性があり、特定の方法でフレームに表示するページが変更された場合、フレーム間におけるデータ制御のセキュリティが機能せず、他フレームで表示されている他ドメインのコンテンツへアクセスされるおそれがある。

それぞれ実証コードも公開されているが、脆弱性を解消するアップデータは提供されていない。これら脆弱性に対する攻撃を回避するにはActiveScriptを無効にする必要がある。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

JVN
http://jvn.jp/

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Chrome 89.0.4389.90」がリリース - ゼロデイ脆弱性に対処
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生