Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税務情報を地元の不動産業者へ漏洩 - 可児市職員が逮捕

岐阜県可児市の職員が、税務情報を市内の不動産業者へ漏洩したとして、地方税法違反容疑で6月24日に逮捕された。

今回逮捕されたのは、健康福祉部いきいき長寿課に在職する男性職員。2001年4月1日から2006年3月31日まで同職員が税務課長を務めた間、パソコンに保存された「課税台帳兼名寄帳」から4人分の固定資産税額や土地の評価額などを取得。市内の不動産業者へ提供した容疑で、不動産業者の男性も逮捕されている。

同職員へ警察による任意の事情聴取など行われ、同市でも調査を行っていたが、内部調査では全容把握が困難として、5月30日に同職員について刑事告発を行っていた。

(Security NEXT - 2008/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市