Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイト不具合でIDを重複発行、個人情報が流出 - エキサイト子会社

エキサイト・ミュージック エンタテインメントが運営するウェブサイト「エンタテインメントミュージックチケットガード」のシステムに不具合があり、一部個人情報が流出した。

同サイトのシステムにおいて大文字、小文字の識別が行われていなかったため、IDを重複して発行する不具合が発生したもの。顧客ページに、氏名や住所、生年月日、性別、電話番号、メールアドレスのほか、一部では顔写真など本人とは異なる顧客情報が表示される状態となり、最大98人が影響を受けた。

同社と親会社であるエキサイトは、24日に関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪するメールを送信。経済産業省へ事故を報告した。サービスは6月18日より停止しており、30日に復旧する見込み。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区