Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内インシデント対策チームの運用に必要な知識をまとめた資料 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、組織内の情報セキュリティに関するインシデント対策チーム「CSIRT」の概要やインシデント対応の流れについて解説する資料を公開した。

「CSIRT マテリアル」へ従来より提供されている「CSIRT構築フェーズ」に加え、概要や具体的なワークフローなどをまとめた「運用フェーズ」を追加したもので、「CSIRTガイド」「インシデントハンドリングマニュアル」の2点を公開した。

「CSIRTガイド」は、インシデントチームの役割や位置づけなど、インシデント対策チームを構築したり運用する前に、経営層やCIO、チームのメンバーが活動の概要を理解するのに役立つよう必要な知識をシンプルにまとめている。

一方、「インシデントハンドリングマニュアル」では、検知からトリアージ、その後の対応まで、チームが行う一連の作業や注意点などを紹介。「DDoS攻撃」や「不正アクセス」「フィッシング詐欺サイトの設置」など、インシデントごとに検知から対応までの特徴についてまとめた。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に