Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信で氏名やアドレスなど約2000件が流出 - 流量計メーカー

流量計などの製造、販売を展開するコフロックは、会員を対象としたメールマガジンを配信した際、操作ミスにより読者約2000人分の氏名とアドレスが流出したことを明らかにした。

誤配信が発生したのは、6月2日に配信したメールマガジン。担当者の操作ミスにより「宛先」にアドレスを入力して送信したため、会員約2000人分の氏名とメールアドレスが閲覧できる状態となった。

同社では今回の事故を受け、同社では誤送信防止に向けた配信プログラムの導入や社内教育、チェックの強化など再発防止策を実施。新規配信プログラムの安全性が確認されるまでは、メールマガジンの配信を停止するとという。

(Security NEXT - 2008/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に