Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky製品の更新データに問題なし - 経路上で破損か

ジャストシステムは、Kaspersky製品の更新処理においてエラーが発生していた問題で、データそのものに不具合はなかったと発表した。

6月18日朝から定義ファイルの更新においてエラーが発生し、同社では原因究明を進めていたが、調査の結果、更新サーバの配信データに問題は見つからなかったという。

そのため同社では、ネットワーク上でデータが破損した可能性があるとして、不具合が生じた場合は、再度更新処理を実行するよう呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市