Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリングソフトの訪問設定サービス「ストップ!有害サイト」

キューアンドエーは、ユーザーを訪問し、フィルタリングソフトのインストールや設定を行うサービス「ストップ!有害サイト」を提供開始した。

同サービスは、未成年者のいる家庭を訪問し、有害サイトへのアクセスをブロックするフィルタリングソフトのインストールや設定を行うもの。パソコンの操作や設定に不慣れ初心者でも、適切な有害サイト対策が実施できる。

インターネット利用者において、フィルタリングソフト利用率が1割程度と導入が進んでいないことから、今後の需要を見込んでいるという。料金は8800円から。フィルタリングソフトは別途用意する必要がある。

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断