Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky製品でウイルス定義データベース更新に障害 - 原因は調査中

Kaspersky製品において、ウイルス定義データベース更新処理に障害が発生している。

ジャストシステムによると、6月18日の朝から定義ファイルの更新処理でエラーが発生する現象を確認しており、現在原因について調査を進めているという。

同社では不具合が発生しているユーザーに対して、改めてデータベースの更新処理を試してみてほしいと呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

(Security NEXT - 2008/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
出前アプリ「LINEデリマ」で不具合 - 他顧客情報に書き換わる
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
トレンドマイクロ製アプリ、Apple公式ストアから削除
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響