Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ誤配信でアドレス500件が流出 - 日本棋院

棋戦の実施や囲碁会館の運営などを行っている日本棋院は、6月13日にメールマガジンを配信した際、受信者のメールアドレス500件が流出したと発表した。

誤配信が発生したのは、ウェブ上で対局が観戦できる「幽玄の間」の登録者に対して配信したメールマガジン。一斉送信した際、人為的なミスにより受信者500人分のアドレスが表示された状態で送られた。

同院では関係者に対して謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。不正利用などの報告は受けていないという。今後は登録情報の管理とチェック体制を強化し、システムの変更についても検討する。

(Security NEXT - 2008/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市