Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

喪主や故人の個人情報保存したノートPCが盗難 - 名古屋の冠婚葬祭会社

愛知冠婚葬祭互助会は、従業員の私有車が車上荒らしに遭い、顧客情報10件が保存されたノートパソコンが盗まれたことを明らかにした。

被害に遭ったパソコンには、従業員が担当していた10件の顧客情報が保存されていた。故人や喪主の氏名や住所といった個人情報のほか、日程や宗派など葬儀内容などが含まれていた。

6月3日早朝、車から15分ほど離れていた間に窓ガラスが割られ、車内に置いてあったパソコンが盗まれたという。同社では、関連する顧客に対し直接説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院