Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策などセキュリティを強化 - プレイオンライン

スクウェア・エニックスが展開するオンラインゲームサービス「プレイオンライン」は、パスワードの盗難を防止するため、「Windows版プレイオンラインビューアー」のセキュリティ対策機能を6月10日より強化した。

今回のセキュリティ強化で、キーロガー対策として画面上からマウス操作でパスワードなどを入力できる「ソフトウェアキーボード」の利用が可能となった。今までどおりキーボードからの入力にも対応しているが、安全な利用のためソフトウェアキーボードの利用が推奨されている。

またパスワードを管理する「セキュリティ設定」を導入した。従来よりパスワードは、盗難対策として暗号化したファイルで保存しているが、同機能によりランダム性の高い「暗号キー」を利用し、さらに保存先を外部デバイスなどに設定することができるようになった。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
スマホゲーム「イケメン戦国」でデータ破損 - 一時全データが確認不能に
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
スマホゲーム「イケメン戦国」で障害 - 不正アクセス原因か
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
攻撃で制作停止していた新作TVアニメ作品を供給再開 - 東映アニメ
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
東映アニメにサイバー攻撃、一部作品が放映延期 - 連動商品などに未放送の内容も