Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパイウェア対策などセキュリティを強化 - プレイオンライン

スクウェア・エニックスが展開するオンラインゲームサービス「プレイオンライン」は、パスワードの盗難を防止するため、「Windows版プレイオンラインビューアー」のセキュリティ対策機能を6月10日より強化した。

今回のセキュリティ強化で、キーロガー対策として画面上からマウス操作でパスワードなどを入力できる「ソフトウェアキーボード」の利用が可能となった。今までどおりキーボードからの入力にも対応しているが、安全な利用のためソフトウェアキーボードの利用が推奨されている。

またパスワードを管理する「セキュリティ設定」を導入した。従来よりパスワードは、盗難対策として暗号化したファイルで保存しているが、同機能によりランダム性の高い「暗号キー」を利用し、さらに保存先を外部デバイスなどに設定することができるようになった。

(Security NEXT - 2008/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
予約フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能 - 滋賀レイクス
トレカ抽選で個人情報を誤表示、キャッシュ設定不備で - テイツー
「WarpDrive」に「攻殻機動隊」の世界観でセキュリティ学べるゲーム機能
上半期の不正アクセスによる検挙は188件 - 前年同期比19.3%減
攻撃者を疑似体験し、セキュリティの重要性を学ぶボードゲーム - IPA
カタカナ「ソ」でゲーム固まる不具合 - 修正パッチで解消
「Switch」の新作ゲーム、ユーザー名の特定文字で固まる不具合
不正アクセスの認知件数が前年比約45%増 - 検挙者は9.4%増加