Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリへの攻撃を検知する無料ログ解析ツールが「Apache」対応

ラックは、ウェブサーバ管理者向けに提供しているログ解析ツール「SecureSite Checker Free」のバージョンアップを行った。

同製品は、ログを解析することでウェブアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃の有無を確認できる無料ツール。同社ウェブサイトで利用者登録することにより、無償で利用できる。

今回のバージョンアップでは、多くのサイトで利用されるウェブサーバ「Apache」へ対応。また解読が難しくなりつつある「SQLインジェクション攻撃」の検知など、最新の脅威へ対応した。

同社では、ツールを利用してウェブサイトに対する攻撃の痕跡などを発見した場合、すぐに対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供