Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーが自社向けに開発したDB監視システムを発売 - CTC

伊藤忠テクノソリューションズは、ヤフーが自社向けに開発したデータベース監視システム「iTres」の販売を開始した。

同システムは、不正アクセスやデータ改竄、持ち出し対策としてデータベースへのアクセス状況をリアルタイムで監視するセキュリティソリューション。ヤフーが自社のデータベース監視システムとして開発したもので、ISO15408認証を取得している。

不正アクセスやデータ改ざんなどを検知した場合には、セキュリティポリシーに応じて管理者へ通知することが可能。アクセスやデータ修正のための許可申請手続きを自動化するワークフローが用意されており、管理者の負担を軽減できる。

伊藤忠テクノソリューションズでは導入からシステム構築、保守運用までワンストップで提供する。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
USBメモリ接続だけで情報収集するフォレンジックツール
ゲーム企業向けセキュリティ人材の紹介サービス - C&R社
氏名やIPアドレスの透かしで画面撮影を抑止するソフト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック