Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

青少年向けフィルタリングの啓発活動で10万枚のパンフを配布 - 経産省

経済産業省は、青少年向けのコンテンツフィルタリングの普及を目指し、「フィルタリング普及啓発キャンペーン」を開始した。

同省をはじめ、パソコンやソフトメーカー、家電量販店、インターネット企業など官民協力体制で、フィルタリングの利用促進を目指し、キャンペーンを実施するもの。先週末に秋葉原の大型家電量販店でキックオフイベントが開催され、各主要都市においても関係者によるパンフレットの手渡しが行われた。

今後6月末まで、約10万枚のパンフレットを家電量販店で配布するほか、看板の設置など啓発活動を展開する。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フィルタリング製品「i-FILTER」に脆弱性 - 更新して設定変更を
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI