Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立高校生徒の個人情報を保存したUSBメモリを紛失 - さいたま市

さいたま市の市立高校教諭が、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

同市教委によれば、所在がわからなくなっているUSBメモリは、担当する教科の成績や顧問を務める部活の生徒など連絡先など約200人分の個人情報が保存されていた。同教諭は、データについて許可を得ずに持ち出していたという。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
県立高校で生徒の個人情報を誤送信 - 佐賀
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器