Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立高校生徒の個人情報を保存したUSBメモリを紛失 - さいたま市

さいたま市の市立高校教諭が、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

同市教委によれば、所在がわからなくなっているUSBメモリは、担当する教科の成績や顧問を務める部活の生徒など連絡先など約200人分の個人情報が保存されていた。同教諭は、データについて許可を得ずに持ち出していたという。

(Security NEXT - 2008/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委