Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ本文に異なる会員の氏名を記載して送信 - ベンチャー支援会社

ベンチャー企業向けの経営コンサルティング事業を展開する未来予想は、会員向けメールマガジンの本文中に、受信者本人以外の氏名を誤って記載して送信したと発表した。

誤記載が発生したのは、5月9日夜に送信した会員向けメールマガジン。そのうち691人に宛てて送られたメールの本文中に、受信者とは異なる会員の氏名が表示されたという。配信直後に担当者が気付いたため、同日中に対象となる会員に謝罪のメールを送信。翌日に改めて、誤送信メールの削除を依頼した。

同社によれば原因は人為的ミスで、従来と異なる複雑な条件で配信先を抽出したため、本来とは異なる氏名が表示された状態で送られた。同社では再発防止策として、配信業務のシステム化を実施したという。

(Security NEXT - 2008/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug