Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が最長2年10カ月ネット上で閲覧可能状態に - 西濃運輸

西濃運輸は、顧客情報が最長で2年10カ月間、インターネット上で閲覧可能な状態だったことを明らかにした。データを保管していたサーバの設定不備が原因だった。

閲覧可能な状態にあったのは、2005年7月から2008年5月11日の間に配送業務を依頼した顧客1061人分の氏名、住所、電話番号などで、閲覧可能だった期間はデータごとに異なる。顧客の指摘により流出に気が付いたという。

いずれも物流情報管理を目的として設置されたサーバに保管されていたが、社内向けとして第三者からのアクセスを想定しておらず、アクセス制限など対策が不十分だった。同社では発覚後、同サーバを回線から切断。関連する取引先に経緯説明を行った。また、情報の不正使用などの報告は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も