Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ登録者の個人情報がウェブ上で閲覧可能に - 大阪商工会議所

大阪商工会議所において、メールマガジン登録者の一部個人情報が、ほかの登録者から一時閲覧できる状態になっていたことがわかった。原因は、担当者による登録画面の操作ミスだという。

閲覧可能になっていたのは、5月14日の午後3時44分から同日午後4時33分までで、メールマガジンの登録画面に入力された10人分の個人情報。氏名、性別、生年、役職、会社名、会社所在地、電話番号、関心項目などが含まれる。担当者が登録画面の操作を誤ったため、ほかの登録者から閲覧できる状態になった。

登録者からの指摘により判明し、同商工会議所では問題を修正。登録者全員にメールで謝罪した。今後は再発防止に向けてシステムの改善を行うという。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県