Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ登録者の個人情報がウェブ上で閲覧可能に - 大阪商工会議所

大阪商工会議所において、メールマガジン登録者の一部個人情報が、ほかの登録者から一時閲覧できる状態になっていたことがわかった。原因は、担当者による登録画面の操作ミスだという。

閲覧可能になっていたのは、5月14日の午後3時44分から同日午後4時33分までで、メールマガジンの登録画面に入力された10人分の個人情報。氏名、性別、生年、役職、会社名、会社所在地、電話番号、関心項目などが含まれる。担当者が登録画面の操作を誤ったため、ほかの登録者から閲覧できる状態になった。

登録者からの指摘により判明し、同商工会議所では問題を修正。登録者全員にメールで謝罪した。今後は再発防止に向けてシステムの改善を行うという。

(Security NEXT - 2008/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
建築物調査書類が所在不明、申請による閲覧後に - 東京都
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に