Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専用ソフトで暗号化や自動保存できるバックアップサービス - 日本ナレッジ

日本ナレッジは、データの暗号化や自動バックアップに対応した「K-IXセキュアバックアップサービス」の提供を開始した。

同サービスは、インターネットを利用し、札幌のデータセンターで顧客のデータを保管するバックアップサービス。サービス提供にあたり、ほくでん情報テクノロジーと共同でシステムを開発した。

専用のバックアップソフトウェアを利用し、ファイルサーバ内のファイルやフォルダを、日単位、週単位など自動的にデータセンターで保存することが可能。保存時にデータは暗号化され、最大200Gバイトまで対応。バックアップは差分のみ転送でき、最大400世代まで保存できる。

(Security NEXT - 2008/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC