Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの事前予告、「緊急」3件含む4件のセキュリティパッチを公開予定

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる3件を含む4件を、5月14日より公開する予定。

緊急とされる脆弱性は、Jetデータベースエンジンに関するものや、「Word」「Publisher 」など「Office」の問題を解消するプログラム。いずれの脆弱性もリモートでコードが実行されるおそれがある。

このほか、深刻度が「警告」とされる脆弱性1件に関するプログラムの公開も予定されている。「Windows Live OneCare」や「Antigen」「Windows Defender」「Forefront Security」などにおいてサービス拒否が発生する脆弱性を解消する。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年5月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、5月の月例セキュリティパッチをリリース
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正