Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの事前予告、「緊急」3件含む4件のセキュリティパッチを公開予定

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの公開予告を行った。深刻度が「緊急」とされる3件を含む4件を、5月14日より公開する予定。

緊急とされる脆弱性は、Jetデータベースエンジンに関するものや、「Word」「Publisher 」など「Office」の問題を解消するプログラム。いずれの脆弱性もリモートでコードが実行されるおそれがある。

このほか、深刻度が「警告」とされる脆弱性1件に関するプログラムの公開も予定されている。「Windows Live OneCare」や「Antigen」「Windows Defender」「Forefront Security」などにおいてサービス拒否が発生する脆弱性を解消する。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年5月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-may.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
サーバ向けマルウェア対策製品「ServerProtect」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
脆弱性を修正した「Ghostscript」のアップデートが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新