Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

帰宅途中に個人情報を含む定期点検の書類を紛失 - 大成建設

大成建設は、4月19日に同社従業員が個人情報を記載した書類を紛失したと発表した。

紛失したのは、同社が竣工した神奈川県内の集合住宅に関する定期点検の受付書類で、氏名や電話番号、部屋番号、補修箇所など117人分の個人情報が記載されていた。

従業員が帰宅途中に紛失したもので、翌20日、紛失に気が付いたという。警察へ紛失を届けたほか、同社では監督官庁である国土交通省へ経緯を報告した。同社では探索を実施しており、関連する顧客へ個別に事情を説明している。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
市役所出張所で対応した納付書控が所在不明 - 蒲郡信金
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
個人情報含むパソコンを紛失、車上荒らしか - 名古屋電機工業
個人情報含む書類が郵便事故で所在不明に - 大和リビング
3割強の郵便局で顧客情報が所在不明、約21万4000人分 - 日本郵便