Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

帰宅途中に個人情報を含む定期点検の書類を紛失 - 大成建設

大成建設は、4月19日に同社従業員が個人情報を記載した書類を紛失したと発表した。

紛失したのは、同社が竣工した神奈川県内の集合住宅に関する定期点検の受付書類で、氏名や電話番号、部屋番号、補修箇所など117人分の個人情報が記載されていた。

従業員が帰宅途中に紛失したもので、翌20日、紛失に気が付いたという。警察へ紛失を届けたほか、同社では監督官庁である国土交通省へ経緯を報告した。同社では探索を実施しており、関連する顧客へ個別に事情を説明している。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大