Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

帰宅途中に個人情報を含む定期点検の書類を紛失 - 大成建設

大成建設は、4月19日に同社従業員が個人情報を記載した書類を紛失したと発表した。

紛失したのは、同社が竣工した神奈川県内の集合住宅に関する定期点検の受付書類で、氏名や電話番号、部屋番号、補修箇所など117人分の個人情報が記載されていた。

従業員が帰宅途中に紛失したもので、翌20日、紛失に気が付いたという。警察へ紛失を届けたほか、同社では監督官庁である国土交通省へ経緯を報告した。同社では探索を実施しており、関連する顧客へ個別に事情を説明している。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県