Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモートアクセスサービス「DesktopVPN」の機能を強化 - 日本SGI

日本SGIは、SaaS型サービスとして提供しているリモートアクセスサービスの最新版「DesktopVPN Version2.0」を提供開始する。

同サービスは、ソフトイーサが開発したリモートアクセスソフト「PacketiX Desktop VPN」をベースに、同社が2007年10月から商用サービスとして提供している。最新版では、セキュリティ機能とシステム管理機能が強化された。

すべてのクライアントに対し、ハードディスクやプリンタ、シリアルポートの共有機能を強制的に無効とする「共有機能無効版」と、有効と無効を管理者が選択できる「共有機能有効版」の2製品を用意。ポリシーや環境に応じて選べるようになった。

また、クライアントのIPアドレスによるアクセス制御機能や、複数の認証方式に対応。DesktopVPNサーバ設定ツールの実行ユーザー制限機能や、サーバログ出力機能も強化された。

今回の最新版発売に合わせて、ソフトバンクBBの法人向けサービス「TEKI-PAKI」においてメニュー化され、提供が開始された。また、NECビッグローブの法人向けサービス「BIGLOBEオフィスサービス」においても、5月中旬から提供開始の予定。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に