Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

代理店から送付された顧客情報含む書類を紛失 - アメホ

アメリカンホーム保険が、顧客情報21件が記載された保険契約変更に関わる書類を、代理店から受領後に紛失していたことがわかった。

所在が不明となっているのは、保険契約変更の手続きに必要となるクレジットカード番号などが記載された書類4件で、顧客情報21件が含まれる。代理店から送付されたもので、4月1日に代理店が書類の到着を確認したところ紛失が判明した。

アメリカンホーム保険によれば、書類の到着は3月27日に確認されており、その後社内で紛失したという。社内を捜索したが発見できず、同社では不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高いと結論付けている。紛失した情報の不正利用による二次被害の報告も確認されていない。

紛失した書類に関する事務手続きについては、すべて完了した。同社では、対象となる顧客に対して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市
不正アクセスで保険契約情報など顧客情報流出の可能性 - 保険代理店
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府