Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky Internet Security 7.0」のドライバ更新に一時不具合

ジャストシステムは、「Kaspersky Internet Security 7.0」向けに配信した一部ドライバの更新に不具合があったと発表した。

同社によれば、4月17日に配信したドライバの更新に不具合があったもので、Windowsの表示に障害が発生したり、動作が遅くなるといった現象が確認されているという。

同社では、4月21日20時以降の定義ファイルで修正を実施しており、ユーザーへ最新の定義ファイルを適用するよう呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2008/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
セルフケア向け製品サイトで個人情報を誤表示 - エーザイ
PayPal、一部アカウントで誤って出金処理 - 不正アクセスは否定
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報