Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky Internet Security 7.0」のドライバ更新に一時不具合

ジャストシステムは、「Kaspersky Internet Security 7.0」向けに配信した一部ドライバの更新に不具合があったと発表した。

同社によれば、4月17日に配信したドライバの更新に不具合があったもので、Windowsの表示に障害が発生したり、動作が遅くなるといった現象が確認されているという。

同社では、4月21日20時以降の定義ファイルで修正を実施しており、ユーザーへ最新の定義ファイルを適用するよう呼びかけている。

JUST Kaspersky
http://www.just-kaspersky.jp/

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2008/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合