Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LocalSystemに特権を昇格できる脆弱性でマイクロソフトがアドバイザリ

マイクロソフトは、認証されたユーザーがLocalSystemに特権を昇格できる脆弱性についてアドバイザリを公表した。

NetworkServiceやLocalServiceのアカウントのコンテキストで、細工されたコードを実行した場合、同様のサービスで実行している別のリソースに対するアクセス権を取得する可能性あり、そのプロセスの中に、NetworkServiceやLocalServiceのプロセスを、システム内のほとんどすべてのリソースへアクセスできるLocalSystemへ特権を昇格できる機能がある。

Windows VistaやWindows XP Professional SP2、Windows Server 2008、同2003などが影響を受けるおそれがあり、IISやSQL Serverなど認証されたコンテキストでユーザーが指定するコードを実行できる場合には注意が必要となる。

同社によると、脆弱性を悪用する攻撃は確認していないという。同社ではウェブサイトで回避策を公開しており、調査終了後にセキュリティ更新プログラムの提供なども含め対策を講じる予定。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (951306)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/951306.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
Atlassian「Confluence」のRCE脆弱性 - 悪用確認、早急に対処を
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
SAP、月例パッチを公開 - 深刻な脆弱性も複数修正
「Windows印刷スプーラーサービス」にあらたなゼロデイ脆弱性 - MSがパッチ開発中
MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も
「Citrix ShareFile」で暗号化状態の確認を - 脆弱性緩和ツールで無効化される問題が判明
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み