Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LocalSystemに特権を昇格できる脆弱性でマイクロソフトがアドバイザリ

マイクロソフトは、認証されたユーザーがLocalSystemに特権を昇格できる脆弱性についてアドバイザリを公表した。

NetworkServiceやLocalServiceのアカウントのコンテキストで、細工されたコードを実行した場合、同様のサービスで実行している別のリソースに対するアクセス権を取得する可能性あり、そのプロセスの中に、NetworkServiceやLocalServiceのプロセスを、システム内のほとんどすべてのリソースへアクセスできるLocalSystemへ特権を昇格できる機能がある。

Windows VistaやWindows XP Professional SP2、Windows Server 2008、同2003などが影響を受けるおそれがあり、IISやSQL Serverなど認証されたコンテキストでユーザーが指定するコードを実行できる場合には注意が必要となる。

同社によると、脆弱性を悪用する攻撃は確認していないという。同社ではウェブサイトで回避策を公開しており、調査終了後にセキュリティ更新プログラムの提供なども含め対策を講じる予定。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (951306)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/951306.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Dell製シンクライアントOSに深刻なRCE脆弱性 - 更新や運用環境の確認を
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告