Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アニメの不正投稿防止目的のデータを誤って公開 - バンダイチャンネル

バンダイチャンネルは、毎日放送で放映されているテレビアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の動画を放映前に業務委託先が誤ってインターネット上で公開したと発表した。

同社が業務を委託しているソリッド・エクスチェンジが、不正投稿を防止するため作業を実施した際、操作を誤って検証用に切り出した画像を4月15日17時ごろに動画投稿サイト「YouTube」上へ一時アップロードしてしまったもの。検証用データは、4月20日に放映を予定している第3話の一部だった。

バンダイチャンネルでは、視聴者へ心配をかけたとしてウェブサイト上で謝罪。第3話を当初の予定どおり4月20日に放送する予定だという。

(Security NEXT - 2008/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃