Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行、約5万7000件の顧客情報を含む内部書類を誤廃棄

大分銀行は、同行鶴崎支店や武蔵支店において、のべ5万7407件の顧客情報が記載された明細表を、誤って廃棄したと発表した。

今回誤廃棄が明らかになったのは、口座振替が不能となった顧客情報をリスト化した「不能明細表」。同行が3月に実施した保存文書の一斉調査で、1年の保存期間が満了する前に、2007年の一部期間の明細表を誤って廃棄していたことが判明した。

記載されていた個人情報の件数は不明で、他書類との照合の結果、鶴崎支店の顧客5万2360人分、武蔵支店の顧客5047人分の個人情報が含まれていたと見られている。いずれも氏名、電話番号、口座番号、委託者名、振替金額、残高が記載されていた。

同行では対象となる顧客の特定が不可能であるため、今回個別の対応は行わず、事故の公表のみ行った。不正利用は確認されておらず、同行では顧客に不利益はないと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀