Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が業務委託先からWinny流出 - NTT西日本

NTT西日本は、顧客情報が業務委託先である富士通ビジネスシステムよりインターネット上へ流出したと発表した。

流出したのは、NTT西日本和歌山支店の法人顧客35団体の従業員情報1041件。富士通ビジネスシステム従業員の私用パソコンにインストールされていたファイル共有ソフト「Winny」を通じて、3月23日に
外部へ流出したという。流出したデータには、氏名や住所、電話番号、性別など含まれる。

NTT西によれば、流出した情報の不正使用などは確認されておらず、同社では関連する顧客の従業員に対しては文書で事情を説明している。

富士通ビジネスシステムでは、3月25日に流出を確認。3月27日に事故の詳細には言及しなかったものの、顧客情報のネット流出についてウェブサイト上で公表していた。

(Security NEXT - 2008/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊