Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約システムの障害で確認メールに顧客情報を誤記載 - ホテルチェーン運営会社

JTBグループでホテルチェーンを展開するサンルートは、顧客へ送信する確認メールの一部に、別の顧客の個人情報が記載された状態で送信されたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のサイト「サンルートWEB」経由で3月25日以前に予約し、チェックイン日が4月4日だった顧客へ送信された予約確認メールの一部。

3月31日に顧客約130人へ送信した予約確認メールに、関係ない他顧客の氏名や連絡先が記載され、その後再送信したメールにも、同様の誤記載が発生したという。

原因は予約システムの障害で、同社では誤送信の対象となった顧客へ、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出