Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約システムの障害で確認メールに顧客情報を誤記載 - ホテルチェーン運営会社

JTBグループでホテルチェーンを展開するサンルートは、顧客へ送信する確認メールの一部に、別の顧客の個人情報が記載された状態で送信されたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のサイト「サンルートWEB」経由で3月25日以前に予約し、チェックイン日が4月4日だった顧客へ送信された予約確認メールの一部。

3月31日に顧客約130人へ送信した予約確認メールに、関係ない他顧客の氏名や連絡先が記載され、その後再送信したメールにも、同様の誤記載が発生したという。

原因は予約システムの障害で、同社では誤送信の対象となった顧客へ、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資料請求者間で個人情報が閲覧可能に - 高校生の進路支援サイト
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
オートローン申込者の氏名がネット上で検索可能に - 沖縄の信販会社
異なる宛名で会員向け冊子を発送 - 輸入腕時計代理店
宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県