Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

予約システムの障害で確認メールに顧客情報を誤記載 - ホテルチェーン運営会社

JTBグループでホテルチェーンを展開するサンルートは、顧客へ送信する確認メールの一部に、別の顧客の個人情報が記載された状態で送信されたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同社のサイト「サンルートWEB」経由で3月25日以前に予約し、チェックイン日が4月4日だった顧客へ送信された予約確認メールの一部。

3月31日に顧客約130人へ送信した予約確認メールに、関係ない他顧客の氏名や連絡先が記載され、その後再送信したメールにも、同様の誤記載が発生したという。

原因は予約システムの障害で、同社では誤送信の対象となった顧客へ、個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2008/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性