Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通信設備情報が再委託先からWinny流出 - 中部電力

中部電力は、同社の工事関連資料が業務再委託先からインターネット上に流出したと発表した。

同社関連会社で業務を委託していたシーテックの委託先従業員が、ファイル共有ソフト「Winny」を利用していたもので、2006年8月ごろにパソコン内部の工事関連資料が流出したと見られている。

流出した情報は、2004年に同社がネットワーク構築した際の工事関係資料。技術資料や電話番号のほか、シーテックの作業員の名簿なども含まれる。顧客情報や電力供給における機微情報は含まれていなかった。

(Security NEXT - 2008/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
モニター宛てのメールで誤送信、メアド流出 - 中部電力
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
小売電気事業者の顧客情報を誤って別事業者へ通知 - 九電
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も