Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の自宅PCから組合員の個人情報2266件がWinny流出 - JA越後ながおか

越後ながおか農業協同組合において、組合員の個人情報が、職員の自宅パソコンからファイル共有ソフト「Winny」を介してインターネット上に流出していたことが判明した。

流出したのは、農業関係者の個人情報最大2266件で、出荷や転作、農地といった農業関連情報のほか、一部では口座番号も含まれる。同農協によれば、流出した情報は2006年10月12日以前のものだという。

2月9日に外部からの情報提供を受け流出に気が付いたという。その後の調査により、職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、Winny経由で流出していたことが明らかになったという。流出した情報の不正使用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か