Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DB検証用疑似データを本番データから作成「DB Secure Utility」

システムエグゼは、データベース開発時の個人情報漏洩リスクを低減する「DB Secure Utility」を開発し、Oracle対応版の提供開始した。

同製品は、データベースの実データからテストや検証用の擬似データを作成するユーティリティソフト。「自動解析機能」により元データのデータ型やカラム名、サンプリングデータを分析した上で、氏名、住所、電話番号など、個人情報と判断されるテーブルについて疑似データを作成する。

また「レポート発行機能」を搭載しており、置換処理の内容を文書化し、内部監査などに使用できる。同社では、今回発売したOracle対応版に続き、DB2やMicrosoft SQL Server対応版を開発する予定。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー