Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

合併前の点検で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 酒田信金

酒田信用金庫において、顧客情報含む書類1508件の紛失が判明した。合併前に実施した自主点検で明らかになったという。

同金庫で所在不明となっているのは、預金関連申込書1431件、出資金関連書類57件、貸出債権関連書類20件などあわせて1508件の業務書類。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、生年月日、勤務先などが記載されている。

同金庫では、3月17日に鶴岡信用金庫と合併を予定しており、1月から2月にかけて合併前の自主点検を実施したところ判明した。同金庫では、外部へ持ち出した形跡もなかったし、同金庫内で誤って廃棄した可能性が高いと結論付けている。

同金庫では、今回の事故を受けて関連する顧客に対し、事情説明と謝罪を行った。情報の不正利用による二次被害の報告も確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答