Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を保管棚ごと誤廃棄 - 大丸福岡天神店

博多大丸は、福岡天神店本館2階の改装工事中、顧客情報を含む書類が保管されていた棚を、廃棄業者が誤って処分していたことを明らかにした。

2月3日、改装工事に伴う不要品の撤去作業中、継続して使用されるはずの保管庫が廃棄業者によって誤って処分されたもの。なかには顧客情報記載の書類が保管されていた。

事故発覚後、関係者への聞き取り調査や廃棄物処理場の現場検証を行った結果、産業廃棄物として粉砕処理された可能性が高いという。同社では、情報が外部へ漏洩する可能性は低く、二次被害のおそれはないと結論づけている。同社では関連する顧客に対し、書面を送付して説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も