Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を保管棚ごと誤廃棄 - 大丸福岡天神店

博多大丸は、福岡天神店本館2階の改装工事中、顧客情報を含む書類が保管されていた棚を、廃棄業者が誤って処分していたことを明らかにした。

2月3日、改装工事に伴う不要品の撤去作業中、継続して使用されるはずの保管庫が廃棄業者によって誤って処分されたもの。なかには顧客情報記載の書類が保管されていた。

事故発覚後、関係者への聞き取り調査や廃棄物処理場の現場検証を行った結果、産業廃棄物として粉砕処理された可能性が高いという。同社では、情報が外部へ漏洩する可能性は低く、二次被害のおそれはないと結論づけている。同社では関連する顧客に対し、書面を送付して説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC