Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の氏名や口腔内写真など盗難に - 東京医科歯科大付属病院

東京医科歯科大学歯学部付属病院は、患者15人分の個人情報や口腔内写真などが保存されているノートパソコン2台が盗難に遭ったと発表した。

被害に遭ったパソコンには、患者15人分の氏名、ID番号、および口腔内写真が保存されていた。また、患者5人分の口腔内写真も含まれるという。2月25日に盗難が判明し、同病院によれば、紛失した個人情報の不正利用などは確認されていないという。

同病院では今回の事件を受け、診療室のセキュリティ体制を強化し、対象となる患者に対し謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「電話料金が大変高額に」とウソ - ソフバン装うフィッシング
衣料品通販サイトでクレカ情報流出 - 窃取プログラムが設置
薬機法の「よくある相談」ファイルに相談者の個人情報 - 大阪府
業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
「VMware vCenter Server」にRCE脆弱性、すでに悪用済み - 探索行為も
Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を