Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPサイト上の個人情報14万件が一時アクセス可能に - 閲覧の形跡も

日本ヒューレット・パッカードは、ウェブサイト上で取得した顧客情報が一時外部よりアクセスできる状態となり、個人情報が流出したことを明らかにした。

一時閲覧可能となったのは、2008年1月31日から2月20日までの間に同社サイト上でキャンペーンやセミナーへの申し込みやアンケートの回答のために登録された顧客情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、のべ13万9583件が含まれ、同社の調査によれば、データにアクセスされた形跡があったという。

同社では、問題発覚後にシステムの改修を実施しており、現在はアクセスできない状態で、二次被害の報告も受けていないとしている。関係する顧客は特定できるため、同社ではメールや書面で個別に事情を説明する。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム