Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのうっかり送信ミスや同報配信のアドレス流出を防止する新製品

CSK Winテクノロジとセンドメールは、メールの誤送信防止ソリューション「PlayBackMail」を、4月より発売する。

同製品は、センドメールのメールサーバ製品を活用したメールセキュリティソリューション。送信メールを隔離領域に一時保留し、一定時間経過後に自動で配信する「送信保留機能」を搭載。保留状態で誤送信に気が付けば、削除することができる。

また、「添付ファイル自動暗号化機能」を装備。自動で暗号化を行うため、誤って送信してしまった場合も添付ファイル経由の情報漏洩を防止できる。さらに大量の「To」「CC」ヘッダを含んでいた際、削除や加工することが可能で、ヘッダ経由の情報流出対策にも活用できる。

ゲートウェイとして動作するため既存のメールシステムに追加することが可能。Windows版とLinux版を用意した。利用にはSendmailライセンスが必要となる。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社