Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の私有PCから取引先企業の従業員情報がWinny流出 - 日立

日立製作所は、取引先企業の従業員約6000人に関する個人情報を含む業務関連情報が、従業員の私用パソコンから、ファイル共有ソフトを介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、端末の設定業務のために第一三共(旧三共)から受託した業務関連情報。2月12日に、同社従業員の所有するパソコンからWinnyネットワーク上へ流出していたことが判明した。流出データには、2003年12月当時の従業員約6000人分の氏名や社員コード、所属コード、部署、役職、メールアドレス、ファックス番号などが記載されたリストが含まれている。

第一三共によれば、社員コードなど業務情報は現在利用されておらず、端末の設定作業時に使用した各種リスト、計画書、手順書についても、現在の業務に支障をきたす情報は含まれていないという。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正