Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

古参ウイルスが依然として上位を占める - kaspersky調査

Kaspersky Labs Japanは、1月に観測したウイルスやオンラインスキャナの状況を取りまとめて公表した。

ウイルスランキングのトップは前月から引き続き「NetSky.q」。前月ランク外から再ランクインした「Nyxem.e」や「Bagle.gt」、「NetSky.aa」など、比較的古いメールワームが大きく伸びてランク上位を占める結果となった。

古いメールワームが上位を占める一方で、前月同様「Diehard」の亜種の動きが目立っている。6位の「Diehard.dg」をはじめ、20位圏内にあらたな亜種が4種が入っており、短期間で集中的に配布されているという。

一方、オンラインスキャナのランキングでは、前月と同様「Dialer.yz」がトップを占めた。また、昨年11月に急激な拡散が見られた「Virut」が依然としてまん延しており、今月も「Virut.av」が3位に入った。また、あらたな亜種「Virut.n」が8位にランクインしており、今後の動きに注意が必要としている。

同社がまとめたウイルスやオンラインスキャナのランキングにおける上位10位は以下のとおり。

ウイルス

1位:Email-Worm.Win32.NetSky.q
2位:Email-Worm.Win32.Nyxem.e
3位:Email-Worm.Win32.Bagle.gt
4位:Email-Worm.Win32.NetSky.aa
5位:Email-Worm.Win32.Scano.gen
6位:Trojan-Downloader.Win32.Diehard.dg
7位:Trojan-Dropper.Win32.Small.bdj
8位:Email-Worm.Win32.NetSky.d
9位:Net-Worm.Win32.Mytob.w
10位:Email-Worm.Win32.Warezov.yi

オンラインスキャナ

1位:Trojan.Win32.Dialer.yz
2位:Trojan-Clicker.Win32.Small.kj
3位:Virus.Win32.Virut.av
4位:Trojan.Win32.Inject.mt
5位:Trojan.Win32.BHO.abo
6位:Trojan-Downloader.Win32.Small.hlr
7位:Email-Worm.Win32.Brontok.q
8位:Virus.Win32.Virut.n
9位:not-a-virus:PSWTool.Win32.RAS.a
10位:Trojan-Downloader.Win32.Bagle.hj

(Security NEXT - 2008/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を