Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ポイントカード申込書の盗難事件が相次いで発生 - ブックオフ

ブックオフの3店舗において、顧客情報が記載されたポイントカード申込書の盗難が相次いで発生した。

同社によると、1月22日に瀬戸共栄通店で事務所荒らしが発生。1月16日から同月21日の間に同社ポイントカード「BOOKOFF Tカード」へ申し込みを行った82人の申込書が、保管されていた金庫ごと持ち去られた。金庫は同日中に発見されたが、保管されていた申込用紙のうち62枚が未回収だという。

また1月24日には、大府店で盗難事件が発生し、前日23日に申込みをした3人の申込書が金庫ごと盗まれた。さらに、なんば駅南口店では、1月9日から同月15日までに入会した153人分の申込書を郵送したが、回収した郵便事業が車上荒らしの被害に遭い、盗まれたという。

いずれも被害に遭った入会申込書には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別などが記載されているという。同社では、対象となる顧客の特定ができないため、心当たりのある顧客は連絡するよう求めている。

(Security NEXT - 2008/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市
メール誤送信で教員選考試験受験者のメアド流出 - 沖縄県
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録