Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全なサイトもリンクたどれば危険なサイトへ - トレンドマイクロと東大が共同研究

東京大学とトレンドマイクロは、情報セキュリティ技術の共同研究を進めると発表した。すでに両者は予備調査を開始しており、今回成果を公表した。

トレンドマイクロは2007年1月、共同研究について事前に計画立案を行う東大の「Proprius21」に参画。2007年6月から2008年1月にかけて、予備調査「Webリンクの構造解析」を実施し、今回成果を得たという。

同調査は、ウェブサイトにおけるリンクの連なりを分析するもので、東京大学大学院講師の増田直紀氏と21世紀COEものづくり経営研究センター特任准教授の安田雪氏が、トレンドマイクロにより38カテゴリに分類された1200万件のURLデータベースを解析。危険サイトや有害サイトのリンクに関する実態の把握や、ウェブ閲覧時の危険度予測技術への応用可能性を検討した。

同調査の成果によれば、性的カテゴリについては相互リンクの密度が高いなど、コンテンツの内容を分析しなくても、リンク先のカテゴリに関する傾向からカテゴリの類推や分類の制度を向上できることがわかったという。

また、安全なカテゴリのサイトへアクセスしても、リンクをたどることで、有害サイトへ到達する可能性が判明。安全なカテゴリのサイトに、性的なサイトへのリンクが含まれる可能性は0.27%だが、1度リンク先へ移動すると2.69%に上昇した。

東大とトレンドマイクロでは、今回のデータを元にさらに大規模なデータ収集や解析など研究を進めるとしており、同調査以外にも振る舞いによる悪性プログラム検知技術についても並行して予備調査を進めている。

(Security NEXT - 2008/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性