Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ショップチャンネルのサイトで不具合 - 一時顧客情報が閲覧可能に

テレビの通信販売番組「ショップチャンネル」などを運営するジュピターショップチャンネルは、同社運営の通販サイトに障害があったとしてサービスを停止していると発表した。

ウェブサイトのシステムに不具合があり、1件の顧客情報が関係ないほかの顧客から閲覧できる状態が発生したもので、同社では1月17日に「ネットでSHOP」「ケータイでSHOP」のサービスを停止した。現在修正作業を進めており、今後ウェブサイト上で再開時期をアナウンスする予定だという。

ジュピターショップチャンネル
http://www.shopch.jp/

(Security NEXT - 2008/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性