Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先が個人情報2万8000人分を紛失 - 豊川市

愛知県豊川市において、住民約2万8000人分の個人情報を紛失していたことがわかった。

業務委託先である豊橋市のヒミカにおいて、豊川市が委託した個人情報を保存したUSBメモリが所在不明になっているもの。6日に判明したもので、従業員が自宅に持ち帰った際に紛失したと見られている。

同USBメモリには、介護保険の加入者情報や後期高齢者医療制度などのべ4万1000件、約2万8000人分の個人情報が保存されていた。同市は、豊川市、音羽町、御津町が合併し、15日に誕生したばかりで、紛失したデータには各地域の情報が含まれていた。

(Security NEXT - 2008/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表