Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2008が「Vista SP1」や「XP SP3」環境に一部対応

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2008」の最新バージョンを1月23日より公開する。

今回公開が予定されている「ウイルスバスター2008 プログラムバージョン16.05」では、終了時にブルースクリーンが表示される不具合を解消した。

さらに、ベータ版が提供されている「Windows Vista SP1」や「 Windows XP SP3」の環境下において、「インストールができない問題」や、「メイン画面が起動できない」「アップデート機能などが正常に動作しない」といった不具合を修正。同バージョンは、アップデート機能を通じて配布される。

ただし同バージョンでは、「Windows Vista SP1」「Windows XP SP3」それぞれの環境において「パーソナルファイアウォール」「不正変更の監視」「無線LANパトロール」が動作しない問題が含まれている。同社ではVista SP1の正式公開のタイミングに合わせ、完全に対応したモジュールを順次配信する予定だという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
カフェ関連商品を扱う通信販売サイトに不正アクセス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス