Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスター2008が「Vista SP1」や「XP SP3」環境に一部対応

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2008」の最新バージョンを1月23日より公開する。

今回公開が予定されている「ウイルスバスター2008 プログラムバージョン16.05」では、終了時にブルースクリーンが表示される不具合を解消した。

さらに、ベータ版が提供されている「Windows Vista SP1」や「 Windows XP SP3」の環境下において、「インストールができない問題」や、「メイン画面が起動できない」「アップデート機能などが正常に動作しない」といった不具合を修正。同バージョンは、アップデート機能を通じて配布される。

ただし同バージョンでは、「Windows Vista SP1」「Windows XP SP3」それぞれの環境において「パーソナルファイアウォール」「不正変更の監視」「無線LANパトロール」が動作しない問題が含まれている。同社ではVista SP1の正式公開のタイミングに合わせ、完全に対応したモジュールを順次配信する予定だという。

(Security NEXT - 2008/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性