Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトの相談多し - 安易な判断はトラブルの元

「もっともらしい名前だった」など安易な判断で偽セキュリティ対策ソフトをインストールしてしまい、トラブルに発展するケースが後を絶たない。情報処理推進機構(IPA)は、偽セキュリティ対策ソフトに関する相談が多数寄せられているとして注意を呼びかけている。

同機構によれば、「VirusuWadame(ウイルスはダメ)」「KyoiKanshi(脅威監視)」「KansenNashi(感染なし)」などファイル名がローマ字表記だったり、表示されるメッセージが日本語であるなど日本をターゲットにした攻撃が増えており、うっかりインストールするケースが報告されている。

以前より同機構では、実際は発生していないウイルス感染や不具合などを警告し、ソフトの購入を迫る悪質な偽セキュリティ対策ソフトについて注意を促しているが、英語表記であったため被害を逃れたユーザーも多かったという。

ソフトの価格が安価なことから、支払ってしまうケースが報告されているが、支払っても問題は解決されないことから、決して支払いに応ぜず、問題のソフトをアンインストールしたり、アンインストールできない場合はシステムの復元、初期化など対応するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG