Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneを狙ったトロイの木馬をSymantecが確認

アップルの人気携帯端末「iPhone」を狙うトロイの木馬がはじめて確認された。セキュリティベンダーのSymantecが発表したもので、同社では注意を促している。

同社によれば、今回発見された不正プログラム「iPhone firmware 1.1.3 prep」は、年明け最初の土曜日となる1月5日ごろに出現しており、「iPhoneの重要なアップデート」として、ファームウェアをアップデートする前に導入するよう説明されているという。

問題のプログラムは、インストール時には大きな影響を与えないものの、アンインストール時に「Erica's Utilities」「OpenSSH」といったアプリケーションを不正に上書きされるなど問題が発生する。

すでに問題のプログラムを配布されたサイトは閉鎖されているため危険は小さいが、Symantecでは、iPhoneへパッケージを導入する際は注意を払うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性