Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneを狙ったトロイの木馬をSymantecが確認

アップルの人気携帯端末「iPhone」を狙うトロイの木馬がはじめて確認された。セキュリティベンダーのSymantecが発表したもので、同社では注意を促している。

同社によれば、今回発見された不正プログラム「iPhone firmware 1.1.3 prep」は、年明け最初の土曜日となる1月5日ごろに出現しており、「iPhoneの重要なアップデート」として、ファームウェアをアップデートする前に導入するよう説明されているという。

問題のプログラムは、インストール時には大きな影響を与えないものの、アンインストール時に「Erica's Utilities」「OpenSSH」といったアプリケーションを不正に上書きされるなど問題が発生する。

すでに問題のプログラムを配布されたサイトは閉鎖されているため危険は小さいが、Symantecでは、iPhoneへパッケージを導入する際は注意を払うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か