Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhoneを狙ったトロイの木馬をSymantecが確認

アップルの人気携帯端末「iPhone」を狙うトロイの木馬がはじめて確認された。セキュリティベンダーのSymantecが発表したもので、同社では注意を促している。

同社によれば、今回発見された不正プログラム「iPhone firmware 1.1.3 prep」は、年明け最初の土曜日となる1月5日ごろに出現しており、「iPhoneの重要なアップデート」として、ファームウェアをアップデートする前に導入するよう説明されているという。

問題のプログラムは、インストール時には大きな影響を与えないものの、アンインストール時に「Erica's Utilities」「OpenSSH」といったアプリケーションを不正に上書きされるなど問題が発生する。

すでに問題のプログラムを配布されたサイトは閉鎖されているため危険は小さいが、Symantecでは、iPhoneへパッケージを導入する際は注意を払うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社
「ClamAV」にクリティカルパッチ - サービス拒否の脆弱性など修正
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
狂犬病予防接種会場で強風により申請書が飛散 - 京丹後市
開示したNPO法人事業報告書で墨塗り漏れが判明 - 山口県
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分